和歌山の旅 その8

とは言っても、、、

今回は和歌山電鉄のニタマ駅長とよんたま駅長見習いに会いに行ったわけではなく、

和歌山の近鉄百貨店でNHKのBSプレミアムと総合で放送されている超人気番組

岩合光昭の世界ネコ歩き」で有名な動物写真家の岩合さんの写真展が開催され、

しかも岩合氏本人がやって来てトークショー&サイン会も行われるということを耳にしたので

ちょっくら行って参りました。

実は岩合さんの写真展を見に行くのは今回が2度目で、昨年は地元堺市まで来てくれたので

比較的楽だったんですが、今年は来てくれないということでいざ和歌山まで行く羽目に…

ちなみに、昨年行ったのが写真展「ねこ歩き」

今年行ったのは写真展「岩合光昭の世界ネコ歩き」

微妙に違うのでい (。・ε・。)

サイン会は午前11時と午後2時の2回、それぞれ会場で写真集を購入された方先着200名が

対象ということで、遅刻は絶対に許されずここは時間に正確な電車移動を選択

まずは、またJR信太山駅まで自転車で移動

朝7:45に自宅を出て信太山駅9:00発の普通電車の乗車、これがなかなかにハードなのだ

まあ健康には良いのかもしれんがなw

普通電車しか停車しないので、1つ隣の和泉府中駅で快速に乗り換えて和歌山までぶっ飛ばす

和歌山駅には9:52着

で、そのまま近鉄百貨店に向かったわけですが、10時の開店前にはもうすでに入口の前には

かなりの人が並んでたわい。

「まさかこの人達皆が岩合さんの写真展目当てなわけではないだろう、なんかバーゲンでもあるのかな?」と思いながら5階の会場までのんびりエスカレータで上がっていったら、そのほとんどが写真展目当てのお客たちで、すでにレジ待ちのすごい行列が出来てて思わずワロタw

いやはや、さすがに岩合さん物凄い人気ですなあ

駅前でちょいとお茶でも飲んで休憩してから行っていたらヤバかったかもしれん…

入場料は100円割引券を持っていたので400円

しばらく写真を見物していると岩合さんが会場に到着し、トークショーが始まったので移動

これがその時の画像

いつもテレビで見ていた岩合光昭氏と一緒ですな、影武者ではなく本人に間違いない( ・`ω・´)

しかし、会場の端の角ではなくもうちょっと広めのスペースでやってほしかった狭過ぎでい

なんか不思議と岩合さんには独特のオーラみたいなものを感じますな

あれだけネコとコミュニケーションをとれるのもなんとなくわかるような気がする

無事にサイン入りの写真集もゲットできてめでたしめでたし というわけで…

眠たいし早速帰ろうと和歌山駅ホームに向かったところ、どういうわけか気が付いたら

9番ホームへの登り階段まで導かれるようにして辿り着いていたので、

地面にあるたま大明神の足跡に従っていざ和歌山電鉄のりばへ…

ということで、やっぱりまたニタマ駅長に会いに行ってきたんだなこれがw

一日乗車券(780円)を購入し、行きはこのうめ星電車に乗って貴志駅まで移動

和歌山駅貴志駅を往復する場合は普通に切符を買うよりもお得なのだ

いつ見ても重厚感あふれるデザインでっしゃろ?

貴志駅に着くと、貴志川線の未来をつくる会のメンバーの方々がニタマ駅長室の脇で

イベントを行ってました。この日はゴールデンウィークのこどもの日ということもあって

ものすごい観光客で賑わってました。特にアジア圏の外国人ツアー客が多く、

いつも立ち寄るたまカフェも混雑して座れそうになかった為、スイーツを味わうのも

断念して敢えてスルー (´・ω・`)

でも、今まで訪れた中でニタマ駅長のベストムービーを撮影することに成功

これがその動画

手や爪をペロペロ舐めているニタマ駅長、最高にポチャンだろこれw

普段ほとんど寝ていることが多い彼女にあっては大変珍しい光景なのでい

たまたま駅長室の前に立っていたら、急にニタマ駅長が起きて動き出したのですかさず撮影

貴志川線の未来をつくる会の男性の方がニタマ駅長の動向を実況されているのですが、

「ニタマが起きています〜珍しいですよぉ〜」と言ったとたん駅長室の周りにドッと観光客が

押し寄せて来て一気にカオス状態にwww

必死に笑いを堪えながらカメラを回し続けて撮影しました

ひとだかりになってくれたおかげでガラスの反射が抑えられて綺麗に撮ることに成功

いつもはこの正面アングルだと光の反射のせいでこうは撮れませんですゆえな

これまでのニタマ駅長動画で間違いなくベストショットでいo( ・`ω・´)

大変満足な気分のままお次は伊太祁曽駅のよんたま駅長見習いに会いに移動

こちらは残念ながらずっとこの状態で眠ってました(´・ω・`)

本来ならこの日は公休日だったのですが、ゴールデンウィーク特別出勤ということで

どうやらこの休日返上での勤務が相当気に入らなかったようですな…

伊太祁曽駅では帰りの電車が来るまで30分ほど粘って様子を見ていましたが無駄でしたw

お土産にたまニタマせんべいを購入

てなわけで、今回は少々ハードスケジュールの中での旅路でしたが岩合さんにも無事会えて

サインも貰えましたしニタマ駅長のベスト動画も撮る事に成功しましたし、

実に愉快な和歌山への旅となりました (`・ω・´)

つづく

休日の雑感

 先日のお休みの日、子供達と近所の公園でキャッチボールをしていました。

 すると、一人の小学生くらいの可愛らしい女の子が我々の様子をじっと見て、そばから離れなくなりました。

 最初は適当に愛想笑いをしていたのですが、私や子供がボールを取れず、ボールが転がっていってしまうと、それを走って取って来てくれるようになりました。

 さすがに悪いので「何年生?」と声を掛けてみるとどうも様子がおかしく、ゆっくり話してみると「4年生…」と答えてくれましたが、最近中国から日本に来たばかりのようでした。

 ご両親と小さな妹と近くの団地に住んでいるとのことでしたが、恐らくは、お友達もまだいなくて、家にいても暇で、外に出て来たのではないかと思われました。

 私は、こういう子に弱く、結局その子もキャッチボールに入れてあげて、しばらく遊ぶことにしました。

 彼女が圧倒的にセンスが良く、特に投げる方のコントロールやスピードは、なかなか目を見張るものがあり、少女野球に入れてあげたいくらいでした。

 1時間ほど遊んで、良い時間になったので時計を指さしてお別れしましたが、彼女については何の心配もありません。

 1年もすれば日本語も堪能になり、お友達もでき、我々がキャッチボールをしていてもきっと目にも掛けなくなります。

 子供にはそういう力があり、特に外国で子育てをしながら暮らすようなシチュエーションではなくても、他の子供の中に入れて一緒に育てていくことを親はもっと考えるべきなのです。

 最近、その観点を失っている親御さんが目立つようになって来ているので、少し心配になる時があります。

広告を非表示にする

春夫

数年後の東京五輪の予算が一兆何千万に膨れ上がったものの殆どが税金でありまする

財閥企業からの寄付が頼りとは云うけれどもODA発展途上国に出資して現地に会社を作って儲けるのは日本の大企業様でございますから

既得権益側の国と都が予算の内訳を巡って遣りあってるけれどもどちらにしても国民から巻き上げた血税で安倍やら小池が身銭切るわけじゃござんせんわ

それよりも13年に東京五輪を決定した際のIOCJOCの贈収賄疑惑がようやく動き出した

一年前に外電が火を点けた日本の五輪招致なんチャラ委員会の贈賄疑惑なんだけれどもフランスの警察当局が捜査の指示開始を認めたとか

一年前から騒がれてたのに証拠固めに一年かかったのかIOCJOCの贈収賄に関連する当事者たちが逮捕されたわけじゃなくても久しぶりの真っ当な話題でございますな

翻ってこの国の今の警察検察ときたらば大臣室で現金受けたと認めた余りな大臣様を逮捕どころか起訴もしませぬ

証拠になる文書は紛失したやらデータのDVDはドリルで穴開けて壊したと証言すれば証拠不十分で無罪放免なんだから自公党政治屋官僚稼業はやめられませぬな

アッキード事件にしても「良きに計らえ」と云われりゃ高級官僚から小役人までが御指示御指示と忖度して仰せの通りとなるのが当たり前ださん

いわば亭主の地位を使って職権乱用する古女房の醜い絵姿ここに在りでございますな

ところで今朝のベランダで読み終えたばかりの「紀元二千六百年」で野坂昭如が怖れてたコトが今現代に当てはまり過ぎて驚きであります

大阪万博に浮かれた昭和四十五年頃の釜ヶ崎侵略戦争に突き進む皇紀二千六百年頃の東京は山の手界隈を自在に行き来する中年男の語り口が面白うございました

七本の短編を収めた「骨餓身峠死人葛」の中で的確に今を切り取っている作品であります

権力側の巧妙な詐術は皇紀なんて裏付けのない年数を言い立てお祭り騒ぎに仕立て上げれば生活に逼迫してる民衆は我先に踊り出すのは現代も同じ国民性でございます

大阪万博前後は「こんにちわこんにちわ世界の国から」と国民歌手の三波春夫は煽っておりましたが紀元二千六百年当時の庶民の流行り言葉は「あのねオッサンわしゃ知らんわ」

晴れの日あれば雨の日も山があるから谷があるのでございましょうか

広告を非表示にする

エミレの鐘

慶州は古都奈良と同じ雰囲気がする。

四十年近く前に旅行だ。

日本の木造建築に対し石の記念物が目につく。

仏教文化が花咲きやがて飛鳥にも渡った。

ここでガイドさんから聞いた話が胸を疼く。

お寺の鐘を造るのだがどういうわけか失敗ばかり。王は夢にお告げをみた。お坊さんが一人の女の子を連れてくる、その子を鐘に溶かしなさいと。

やがて夢のとおりお坊さんが幼児を連れてきた。哀れ人柱に。やがて鐘は完成した。

鐘を撞くと古代朝鮮語のお母さんをいうエミレーと鳴くのだ。

いつしか人々はこの鐘を「エミレーの鐘」と称した。

新羅時代の王宮に人柱? 人骨2体発見、韓国では初

(朝日新聞デジタル - 05月17日 18:23)

広告を非表示にする

艦これ春イベもすっかり終わって備蓄中

艦これ春イベGW終わりにクリアして、すっかり備蓄モードですが

ボーキがねぇ・・・かなり少ない

夏イベまでまだ期間あるからずっとしばらく備蓄しようかと

夏イベは大規模の場合が多いからなぁ

お憔悴

■男性トイレの音をかき消す法螺貝 「音姫」ならぬ「音将軍」を作り上げた猛者あらわる

(BIGLOBEニュース - 05月17日 19:20)

広告を非表示にする

店側の回答は・・・

営業妨害するな!って事を、最も効果的な言葉で述べたって事でしょ。

客は「インターネットで拡散する」って言ってる。

最悪「あの店はハッテン場だ!」ってツイートするかもしれない。

店主も内心「LGBTは気持ち悪い」と思っているかもしれないが、これを逆にマーケティングに利用しようと考える。効果的なフレーズはー体何だろうか。

こういう仮定でも、あの回答は出てくる。

案の定、もくろみは成功。拡散と口コミで売上UP。やったね!

・・・たぶん俺の心は汚れきっている。

■同性愛者の入店禁止を迫る「お客さまの声」 店側の回答は苦情主に「もう来ないでください」

(BIGLOBEニュース - 05月16日 20:20)