義父の七回忌法要に出かけていました

 数日間、記事をお休みさせて戴きました。

義父の七回忌法要に出席して来ました。

私には父親代わりと心で思っている人が何名かおります。

皆、既に故人ですが、心に深く思い出が残っていて、多くの教訓を心に刻んでいます。

義父には沢山の思い出があります。

二度、イギリスへ一緒に旅もしました。

大変に洒脱で洒落た方でした。

義父のお位牌を作らせて戴き、毎日手を合わせていますが、亡くなって丸6年、あっと云う間だった様に思います。

忙しく、中々妻の実家の親戚の方々にお会いする機会も少ないですが、今回沢山の方にお会い出来て良かったです。

義父の長女の夫として受け入れた戴いているのをしっかり感じました。

有難い事です。

6年前の3月11日、震災の会った日に葬儀が行なわれ、その一週間前3月4日が命日。

忘れ得ぬ日です。

最後まで、しっかり強い印象を遺してくれた義父でした。

生前も死後も、色々とエピソードに事欠かない義父ですが、これからも大切に心に抱いて行きたいと思います。

今回、義妹の一人が体調が悪かったのですが、我々が出向いて会った瞬間から元気になり、いつもの笑顔と魅力が戻ったと云う事もあり、また思い出深い時間となりました。

 今日は、道場へ行って来ました。

久々に会った初段の男性とのスパーリングは楽しい時間でした。

色々溜まっていたものが綺麗に抜けた気がします。

審査会が近いので、妻も練習に余念がないですが、頑張っています。