読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

農薬の新たな残留基準

パブリックコメント:意見募集中案件詳細】

グリーンピースさんからメールがありました。

新たなネオニコ系農薬スルホキサフロルの残留基準値が決められようとしている今、国会で驚きの事実が明らかになりました。

日本は、国際基準と比べて残留基準値が高い(例えばこの農薬の場合キャベツで5倍、グレープフルーツで13倍!*)のですが、このことが国会で取り上げられ、決め方がまったく「科学的ではない」ことが明らかに( http://j.mp/2n1R10Q )なったんです。

‥‥‥

私も厚労省に電話をして確認しました。すると、ショッキングな事実が…。実測値が低めに出たら、4~5倍に掛け算しているというのです。

‥‥‥

OECDの計算プログラムでは、残留農薬値を決めるために、1つの農薬について同じ作物の試験データが8つ以上必要としていますが、日本でのスルホキサフロルの試験データは1つか2つ、多くても4つだけ。OECDが定める8検体を満たした作物は1つもないのです。

‥‥‥

締め切りは3月30日です。

https://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=495160437&Mode=0

ネオニコ系農薬の問題点や、詳しいパブコメの提出方法は、こちらのブログもご覧ください。

http://j.mp/2n1SB2P グリーンピース 関根