読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小心者

相撲のテレビ観戦が好きな私が、新横綱稀勢の里が怪我を悪化させるのではないかと言うのが怖くて、土日の相撲を生放送で観ることはできませんでした。

小心者の私には、その昔、貴乃花が大けがを押して優勝しましたが、それ以降、怪我が治らず引退に繋がったことが思い出されたからです

土曜日はニュースで観て、敗れはしたものの、ホッとしました。

千秋楽は優勝のためには2回勝たねばならないことを考えると、止めて欲しいなと思った位です。

そして、ニュースで驚きの場面を繰り返し見ることになりました。

苦労して横綱になった稀勢の里の昨日の姿を彼の師匠(故)隆の里に見せたかったと思うのは私一人ではないでしょう。それを一番強く思ったのは稀勢の里ではないでしょうか。

稀勢の里の怪我が長引かないことを心から願うばかりです。

怪我をしたのは自分の弱さだとし、怪我をしない体づくりを誓った新横綱の今後の一層の活躍を願うばかりです。