自民党主導による制裁ですね

証人喚問で火を消そうとしたものの、逆にFAX文の公表によって新たな火種が生じてしまい、大阪府知事松井一郎への嫌疑も高まった。そこで自民党籠池泰典氏に対しての制裁を行うことを決意した。ということなのだろう。

この状況はオウム教事件の時に警察官を大動員して「ビラ撒き」までも取り締まろうとした所業に似ている。世論が味方していると思ってしまったための行為であったが、連日マスコミが「警察の不当捜査」を報道して明るみに出したのはそれはそれで面白かった。

しかし今は自民党に対して世論が味方しているわけではなく、また籠池泰典氏対しての世間の批判もさほどではない。籠池泰典氏の行為は国民には直接的な関係はなく、右翼同士のいざこざ・潰し合いの感が強いためである。

籠池泰典氏の手が出し尽くされていれば籠池泰典氏はやられる一方だが、密かに爆弾を隠し持っていれば話は違ってくる。それがあるかないかは何とも言えないが、このまま籠池泰典氏が世間から忘れられてしまうとは思えない。

森友の幼稚園、31日に調査へ