読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餃子考:?-74:北新地 天平 大阪ひとくち餃子(大阪市北区池田町)(2017/03/27)

・はじめに

 冷凍餃子である。包装には、「ひとくち餃子 発祥店」と挑発的な文言がある。

 大阪で初めてひとくち餃子を出した、という矜持があるのだろう。

・対象

 生ひとくち餃子30個1700円(本体価格)

 大阪には店舗もあり、この餃子を食べることもできるそうだ。

・結果

 名前の通り、小ぶりである。皮は中程度だ。

 食べてみて、まずは、辛い、と感じる。肉の味も辛さに負けてしまう。

・考察

 大阪で、ひとくちサイズの餃子で有名な店はいくつかあると思うのだが、

 そのひとつはこの天平で、もうひとつは点天、だそうだ。

 以前の大阪訪問でも、ひとくち餃子の店にはたくさん入った記憶があるので、

 特に有名な店だけではなく、それ以外にも、訪問する価値のある店は多いと思う。

 さて、餃子の辛さの元は何だろうか。包装の裏面を見ても「香辛料」だけである。

 唐辛子の辛さなのは判るのだが、それ以外にも何か足しているのか。

 いずれにしろ、辛さが前面に出すぎて、それ以上の味を判定するのが困難だった。

・まとめ

 評価は2である。辛くて辛くてとても食べられない、というほどのものではないが、

 旨味を隠してしまうには十分すぎるほどだと思う。

 来月に大阪に行く用事があるのだが、ここは行くべきか迷ってしまう。