読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せの「パク中」&「アル中」な春

久々に日記を記すも、内容的にはほぼ「前回の続き」に類似である。

お題も「美味ぁ〜っ! …だったアレコレ その3」としておこうかとも思ったのだが、芸も無いので上述の「お題」とする。

さて、前回の日記にも記したが、このところは妙に公私共で多忙が続いてしまっている。

でもまぁ〜「良い意味」での多忙と解釈している。

そうでは無い! …な部分も有るには有るが、何事も Positive に捉えれば物事は建設的な方向に進むものである。

嘘でも何でも「前向きに行こうぜっ!」と自分を騙してしまえば、Negative な少々なんぞみ砕いで「ゴックン!」できちゃうんだから面白いものだ。

加えて、Partner の手料理が多忙な私を癒し、慰めてくれる。

ありがたい事だよ、ホントに…。

 

03/22(水)のこと。

お昼に彼女はこんなのを作ってくれた。

 

イイね、イイねぁ〜。

ご飯にユッケジャンをぶっかけたのが登場! 

しかも、何故か Phakchi もてんこ盛りという「Asia 異種格闘技?」なソレだったりする。

ん〜。

我が家で「韓国」と「台湾」やら「Thai や Vietnam …」やらが「まさか… !?」の融合を果たす? 

 

では、早速にいただきます。

ん… !? 

くぅ〜〜っ! 

来たよ来たよ、来ましたよ! 

大好物の「ユッケジャン」な味わいに「あの Ethnic な香り」という、それはもう、掟破りな反則技の連打連打でもう、この私を攻めまくる。

あぁ〜。

やられたわ。

もう、やられっ放しだわさ! 

こんな「Asia 異種格闘技?」を味わえる我が家が不思議…。

でもって猛烈に嬉しい! 

幸せだぁ〜。

 

お供の Soup は「わかめ」に容赦無く Phakchi をズバドドド〜ンっなそれ! 

 

そんな Soup もいただきます。

くぁ〜〜っ! 

こりゃ〜、たまらん。

自他認めるパク中(Phakchi 中毒)な私をとことん満たせてくれる、素晴らしい味わいに歓喜しまくり…。

美味いわ〜。

 

03/24(金)のこと。

この日のお昼も彼女は Ethnic な炒飯を作ってくれた。

 

パク中な私を喜ばせる、こんな炒飯が嬉しいではないか! 

 

では、早速にいただきます。

おぉ! 

くぅ〜〜っ! 

このプルっプルな海老の歯応えと、中毒患者な私を泣いて喜ばせる Phakchi の香りがもう、たまらんわさ。

あぁ〜。

美味いわ〜。

 

お供の Soup は「とろろ昆布」なそれ! 

 

おぉ〜! 

イイね、イイねぇ〜。

では、いただきます。

あぁ〜。

黒酢をさらに追加で旨味を Boostb Up させちゃった、この味わいがたまらん…。

美味しくて栄養も満点な Soup が美味いぞよ。

 

更には「石垣島の胡椒」で Boost Up しちゃう! 

 

では、いただきます。

くぅ〜〜っ! 

たまらんなぁ〜。

もう「何なんでしょ…?」だよ、この美味さは…。

あぁ〜、幸せ…。

春の我が家、庭の畑で採れた Phakchi が香りまくる。

いや〜、イイもんだ〜ね〜。

そうそう! 

春と言えば、我が家の長男坊の大学卒業と就職もあって、我が家の自動車に多少の動きが発生した。

Partner の “Blue NOTE Gunma” はそのまんま長男坊に譲り渡し、彼女は “SERENA”(の中古車)に乗り換えたのだ。

自動車関係の知り合いに無理をお願いしたところ、予算内で猛烈に上等なソレを見つけてくれた。

5年落ちで 36,300km という走行距離の少なさ。

加えてアレコレ「至れり尽くせり仕様」な “Highway Star” の “V Selection” をもう「マジっすか !?」な安さで、はるばる愛知県から引っ張ってくれたのだ。

いやはや、ありがたいのぉ〜。

 

03/31(金)のこと。

その “C26 SERENA” で出掛けてみた。

このところご無沙汰状態の秩父方面へ、買い物ついでの Test Drive である。

 

その平均燃費は 14.0km/l という結果に至る。

我が家に戻る「ちょい手前」までは 14.5km/l あたりだったのだが、最後の山道で踏み込んじゃったらばこのような結果になってしまった。

でも Maker 公表値の 13.8km/l を上回っているので「善」としよう。

因みに Sadistic な Car Drive を改善できない私の Partner は 9.3〜9.6km/l だったりする。

私が秩父方面から我が家に戻ると、程なく長男坊と出掛けていた Partner も帰って来た。

どうやら “Costco” へ買い物に出掛けていたようなのだが…。

 

おぉ! 

これが噂の Costco Original な Ale Beer か !? 

いや〜、イイのを仕入れて来てくれたではないか。

この4種類が6本ずつの計24本入りを買って来てくれたのだ。

イイね、イイねぇ〜。

 

そして、秩父方面へ出向いた私の釣果がこれ! 

ムフフフ…。

あの “Mizunara Wood Reserve” を2本も Get it だぜい。

 

Ichiro’s Malt の “MWR” を2本も Get it の祝杯も兼ね、早速に Costco の Ale Beer を試してみようぞ。

 

先ずは Pale Ale だっしょ。

おぉ! 

まるで Amber Ale な色合いではないか。

 

ん〜〜。

香りも悪くないね〜。

では、早速にいただきます。

おっ… !? 

おぉ〜! 

イイね、イイねぇ〜。

これぞ米国な Pale Ale のソレだよ。

しかも、結構に濃い〜から「呑み応え、あり!」でドバ〜っと攻めて来るそ。

赤い Wine で言う「Full Body な…」ソレだ。

残念なところは私好みの Aroma Hop ではなかったところ。

それと、麦芽(の品質? それとも仕込み方?」がいまひとつって〜ところ。

でも、これはこれで結構に美味い! 

しかも、お値段は1本が ¥200 もしないんだから嬉しいではないか。

 

ん〜、やってくれるぜ Costco さん! 

 

では、次へ行ってみよう。

やっぱり、私はコレが好き! 

この世から I.P.A.(India Pale Ale)が無くなってしまったらば簡単イチコロに死んでしまう私だ。

I.P.A. が存在しない「この世」なんて、想像もできないぞよ。

 

おぉ〜! 

イイ色合いだこと。

 

ん〜〜〜! 

結構に Hop を仕込んじゃいましたな香りがイイね〜。

前述の Pale Ale と同じく、私好みの Aroma Hop ではない香りが残念…。

では、いただきます。

あぁ〜。

やっぱり I.P.A. だわ。

たっぷりと仕込んだ Hop からの重厚な苦味が爽やかに広がる。

でも、私が大好きな米国 Portland 近郊産の I.P.A. とは大きく異なる。

あの Hop をたっぷりどころか「ズバドドド〜ン!」に仕込んじゃった I.P.A. を期待しちゃうと肩透かしを喰らう。

解りやすく表現すれば、米国 North West 産なソレと英国産との中間より、やや North West 寄り、って〜感じかな? 

でも、コレはコレで美味いぞ。

本家本元、元祖 I.P.A な英国製では「物足りない」なところを充分に補いつつ、独特の「爽やかさ」も手伝って大変に呑みやすい「米国な I.P.A.」だったりする。

つまりは「美味いわ〜」なのだ。

いやはや、コレも1本が ¥200 もしないとは…。

何だか妙に嬉しくなって来ちまったぞ! 

 

くぅ〜〜! 

イイねぇ〜。

そうそう! 

こんな米国製 Ale Beer に付き合ってくれたお友達も紹介しておこう。

 

本日の Ale な Beer のお伴がコレ! 

この Cheese 、恐ろしい Potential を秘めている事実を知ってしまった。

この日記を目にされた Ale Beer 好きの同志に断言させていただく。

騙されたと思って試すが良い! 

それはもう「うひょ〜〜っ!」な組み合わせである。

美味しいものが想定外の相乗効果で Boost Up しちゃってもう Cylinder Hed が「ぶっ飛び」そうな勢いで、これこそ正に「想定外」の美味さだ。

もうもう、Ale Beer にドンピシャっ! 

繰り返す。

騙されたと思って試すが良い! 

 

お次は Brown Ale を行ってみよう。

 

ん〜。

ちょいと Chocolate Malt も混ざったであろうな、この色合いがイイねぇ〜。

 

ん〜。

典型的な Brown Ale の香り。

…と思わせといて、やや「初々しい青臭さ」をも仄かに感じさせる。

なるほどぉ〜、そう来ましたか。

では、いただきます。

おぉ! 

やっぱり「そうだった」の味わい…。

前述の香りから想像したとおりの Brown Ale な味わいが広がる。

Brown Ale なのに「爽やかぁ〜」なソレも同居しているのだ。

ん〜、この「くすぐったいような味わい」の面白さはどうだ? 

こういう Brown Ale も「あり」だぁ〜ネ! …と気付かされる私である。

いや〜もう、勉強になるわさ、コレ…。

 

続いて Double Bock Beer も試してみようぞ。

 

おぉ〜、イイ色だね〜。

 

ん〜。

香りも正に「この手の色合いの Beer」な香りで私の心を踊らせてくれる。

では、いただきます。

んっ…? 

おぉ〜、そう来ましたか !? 

この色合いから「想像どおり」な味わいと、想定外の「おいおいおいっ?」な味わいが同居しているではないか。

想像どおりのコクとまろやかさ、芳醇な麦芽の旨味と甘味…。

そして想定外の苦味と辛味、まろやかなのにキレっキレな鋭さもあるんだから面白い。

良い意味での「おいおいおいっ?」な味わいが、こりゃまた楽しいぞよ。

 

ん〜。

この「余韻」が素敵だわさ。

あぁ〜。

この私の「パクチー中毒」と「アルコール中毒」を満たせてくれる、素晴らしい「春」である。

冬に逆戻りしたかのような寒さで桜の木も「花を咲かせてイイのやら…?」な4月の最初だったけれども、漸くに「春本番!」な暖かさを肌身で感じるようになった。

庭の畑で野良仕事をしていたらば、燕の声が聞こえたではないか。

おぉ〜! 

スイ〜スイ〜と軽快に飛び交う燕ちゃん。

あの小さな体で 2,000km 以上もの長旅を敢行し、我が日本へとやって来る。

その健気な姿に「春だなぁ〜」と微笑んでしまう私なのであった。