詩?「1000回目の彷徨」

すぐ前をゆく若い三人組

大きな声で笑いあって

足取りもフラフラしてやがる

あはははは

お前なんだその点数

うるせー本気じゃねーよ

僕は邪魔に感じている

しばらくして彼らは

いっせいになにかを指差し

そこへ向かって駆けて行った

右手には老夫婦が

手に地図のようなものを携え

くるくるくるくる回っている

こっちじゃないですよあなた

でもあっちでもないだろう

ここはさっき通りましたよ

僕は道を教えたりしない

しばらくして二人は

目当ての何かを見つけて

笑いあって向かっていった

左手にはベビーカーの若いママ

たくさんの荷物を抱えて

向かい合わせに見つめる赤ん坊に

絶えず話しかけながら歩いている

ほらくまさんがいるよ

あのお花真っ赤だねえきれいだねえ

どうしたのお目めかゆいのあらあら

荷物を抱えながら赤ん坊を抱き上げる

僕は荷物を持ってあげることはない

しばらくして彼女たちは

見つけた店に入っていった

後ろから追い越していく営業マン

スーツで固め時計を見やり

颯爽と身をひるがえす

ええ、なるほど

御社の財務状況をですね

本日1時にお伺いします

電話がひっきりなしに鳴るようだ

しばらくして彼は

電話の相手に誘導されて

風のように去っていった

チラシを配っている

つまらない気持ちで受け取る

美容室のキャンペーン

女性限定30%オフ

なんだこれは

どうして受け取ってしまったのか

まったく用がない

またつまらない気持ちになった

僕も

どこかに向かって歩きたい

どこにも行くところがない

なにかに向かって進みたい

なにもやることがない

このまままっすぐ歩いても

右や左に曲がっても

どこかに行き当たるわけじゃない

僕はどうして

歩き続けているんだろう

たった一人で

どうして歩き始めてしまったんだろう

誰かを助けるわけでもなく

救いを求めるわけでもなく

なんのために

僕は歩いているんだろう

意味もなく家を出て

何も為さず帰ってくる

もう何度それを繰り返しているだろうか

歩道のわきに

金色に光るものがあった

近づいてみると

這いつくばったカナブン

ここは危ないですよ

僕が拾い上げると

予想外の力強さで指に抱きつく

街路樹に登らせてやる

お前の行くべきところへ行くといい

わずかな生涯でも

行くべきところがあることは

幸せなことだよ

赤信号で止まる

向かいの歩道にはたくさんの

それぞれ行くべきところがある人たち

僕は対峙に耐えられなくなって

ついに踵を返して引き返す