読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【バイク】ヘルメット購入時の一幕

本日ヘルメットを一つ購入しました。その際の出来事です。

ワタクシ、ヘルメットにはだいぶん苦労をしております。頭の形が悪いためか、なかなかフィットしないんです。今まで被ったのは主として国産のSHOEIとARAI(これはプロファイルですね)のフルフェイス、海外製(シューベルトS1Proなど)のも幾つか試しました。でも、どうにもしっくりこない。長期ツーリングなどすると、1日の終わりにはどうにも頭痛がしてきてしまいます。

私の頭、いわゆる「ポテトヘッド」という、東洋人独特の丸っこい頭蓋骨なんですね。ヘルメットって国内・海外両方に出荷するんで、前後に頭の長い欧米人にも適合するよう作られているらしく、横幅に合わせたものを丸い頭の私が被ると縦方向(鼻から後頭部)に寸法が余ってしまう。その結果、ヘルメットがコメカミを中心として揺れるんですね。そりゃ頭も痛くなりますわ。本当に困っていました。

こうした悩みが解消されたのが数年前でした。SHOEI Personal Fitting System で内装をセミオーダーしてみたのです。当時北海道では対応する店がなくて、東京まで買いに行きましたっけ。最初にGT-Air、次にZ-7を買いました(GT-Air買った時は日記を書かなかったみたいです)。感激しましたね。1日走った後の疲れ方がもう全然違う。頭痛もしません。それ以来、ワタクシSHOEI派でございます。

時は流れて今年、新しいバイクを導入することになりました。ぴったりフィットして気に入っていた当時のヘルメットも有効期限を過ぎてしまい、安全を考えると買い直さねばなりません。今では北海道内でSHOEI Personal Fitting System によりオーダーできるお店もできたんですが、やはりフィッティングに慣れたお店の方が安心できるような気がします。今回、関東方面で出張のついでに東京でヘルメットを買うことにしました。

残念ながら以前にヘルメットを購入したNAPS世田谷店は閉店しており、メーカー指定の別の販売店に行かざるを得ません。ところがです。江東区にある大きなバイク用品店に赴いてフィッティングを依頼してみたら、なんともまぁ対応が雑なんですな。びっくりしました。SHOEIのGT-Airが欲しいというとそのお店の店員さん、頭の周囲と前後の寸法だけ測り、その後現物のヘルメットを出して僕に試着させ、こういいました。

「どうですか?」

いや「どうですか」って言われても、被ってすぐに塩梅が分かるわけじゃないんです。1日被ってはじめてフィットしているかどうか判明するんですから…。それに以前2回フィッティングしたときはもっと色々測ったり、内装パッドのあちこちに詰め物をしたりして、丁寧に作業してくれた記憶があります。詰め物はしないのか、と聞くと

「じゃあちょっと入れますか」

と、パパッと適当に内装をいじって、また試着させます。あげくの果てには「内装がある程度なじまないとねー」なんて言うのです。こんなお店じゃ買えない、こりゃダメだ、と思って見切りをつけ、店を出ました。

出たのはいいけど、さてどうしたものか。考えた結果、クルマを出してアテンドしてくれた友人に無理を言って、以前に買った系列のお店、NAPS足立店に向かってもらいました。

NAPS足立店ではT山さんという店員さんに対応してもらったんですが、極めてちゃんとフィッティングしてくれました。安心しましたよ。北海道から来た、世田谷店がなくなった、なんて話をしているうちに、そのT山さんが以前2回も僕のフィッティングしてくれた本人だということが分かり、盛り上がりました。北海道からヘルメットを作りに来たというので印象に残っていたそうです。SHOEIのシステム通りに作業していないお店もあるんですね、と笑っておられました。結局なんでもそうですけど、よいシステムでも運用する「人」がダメだとどうしようもないんですねぇ。

江東区のお店はヘルメットの件ではダメダメだったんですけど、そのお陰(?)でT山さんに再会できたのがよかったです。新しいGT-Airは数日後に届く予定。バイクもそろそろ仕上がるはずです。いろいろ待ち遠しい今日この頃でありました