おばあちゃんのこと

おばあちゃんも、入院してからちょうど一ヶ月経った今日退院してきまして

ホッとしています。が

でも実はアルツハイマー型の認知症がかなり進んでいまして

物盗られ症候群や被害妄想など同じ屋根の下で生活していると、

きついことが間々ある状態になっています。

要介護1で、老人保健施設でデイサービスを利用できていますので

プロの人たちの助けを借りながら何とかやっています。

看護士経験のある主人の妹がケアマネージャーの仕事もやっていたことがあり

ずいぶん前に「認知症の症状の人のお世話もよくあるけど、人間って先に

分からなくなった方の勝ちだよね。でもその人がどういう心持で日常生活を

送って来たか、それが理性で抑えられなくなって全部表に出てしまう気が

するんだよね。だからある意味怖いよねー」とよく言っていました。

我が家のおばあちゃんの様子を見ていると、以前義妹が言ったその言葉が

しょっちゅう頭の中を駆け巡ります。その義妹がよく私の愚痴を聞いてくれて

います。

義妹が「お姉さん、あまりまじめに考えない方がいいよ、適当な感覚で

やっていないと続かなくなるから、程ほどでいいから」と掛けてくれる

言葉や気持ちが何よりの救いになっています。

息子である主人のほうが私よりもきつく当たられ、数倍つらい思いをしている

のもわかるので、私もテキトーに頑張ることにしています。

息子や嫁さんも主人と私のことをとても心配してくれて、介護認定を

受ける際に、意見書を書いて下さる先生に初めて認知症の検査をお願いして

受診するときは率先して付き合ってくれたり、おばあちゃんと同じ屋根の下で

生活をしている主人や私ののメンタルな部分のフォローをよくやってくれて

います。

まずまず仕事をしながら毎日大変ではありますが、一人じゃないと実感できる

環境に感謝しています。