読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昨夜のしみじみ

一日一善ならいか、“ホントに美しいもの” 一日に一つ見つけてた気がする昨夜の酔っ払い。

地上波テレビ放映の『ワイルド・スピード SKY MISSION

封切時にお代払ってシネコンで観てる映画。

お家じゃ映画を見られない、見ちゃ失礼扱い(集中力皆無だもん)実際シリーズ観てるし。

心にくさびを打ちこむ映画じゃないけど、1作目からずっと楽しませて頂いてた映画。

主要キャストのポール・ウォーカーがクランクアップ前に事故死したけど、予定通り仕上げられた痛快娯楽作。

この映画を観た時、エンドロールにヤラレたんだ私。

テレビ放映ではばっさりカットされてたそうな。

こんなハリウッド製・ビッグバジェット映画、心底バカでGo!Go!

でも気立ては良い子。

アネコンダのお誘いで海外旅行した際、現地テレビで『ワイスピ』目にした事多々。

な、ことと、『わたしは、ダニエル・ブレイク』

葬儀での故人の文言がくっきりと屹立(真っ当に生きてる庶民だぜ!)が素晴らし過ぎて涙。

「私は税金も納める普通の市民だ、それ以上でもそれ以下でもない」

一人の人間として尊厳をもち懸命に生きる人の物語です

という、同じ映画土俵で、何億円映画と地味にファイトする映画を同質にあれこれ。

もう、眺めるだけで人生OK、お父ちゃんお母ちゃん有難う、ゴメンね モードで突っ切る筈が。

日本自体がヤバくなってる現状。