白山神社

次の電車まで時間があったので近くにあった白山神社へ寄りました

 

【御祭神】菊理媛尊(くくりひめ)

     伊弉諾尊(いざなみ)

     伊邪那美尊(いざなぎ)

伊弉冉尊が火の神を出産した時のやけどで亡くなると、悲しんだ伊弉諾尊は、死の国である「黄泉の国」へ妻を迎えにいきます。ところが、醜く変わった妻の姿を見て伊弉諾尊は逃げ出してしまい、怒った伊弉冉尊は夫の後を追います。

 黄泉の国との境界で対峙するふたりの前に登場するのが菊理媛尊で、伊弉諾尊伊弉冉尊二神の仲裁をし、その後天照大御神(あまてらすおおみかみ)や月読尊(つくよみのみこと)、須佐之男尊(すさのおのみこと)が生れます。

 

白山のある石川県に多い神社です

 

広告を非表示にする