もうどうにも止まらない:武蔵丘ゴルフコース

GW3回目は、渋滞の危険を避けて近めのコースにお得な感じでということで、お友達と4人でトーナメントコースの武蔵丘ゴルフコースに行ってきました。

千葉も茨城も渋滞が怖い中で、さすがに埼玉。関越も渋滞するポイントの後だったようで、行きも帰りも1時間半くらいでした。

おかげで早くつきすぎて、スタートまで2時間もあったんですけど、全員揃ったところで1時間早くスタートさせてくれました。

進行も男性キャディさんがきびきび働いてくれ、キャディさん間の連携でスムーズに流れてストレスなくできました。

こういうところが良いコースはきちんとしてますね。

このコースは、タイガーウッズインビテーショナルを1997年に開催したことの記念コーナーがあります。

コースに出ても、キャディさんから、ここはタイガーが2オンした17番です、とか言われます。

樋口久子レディースを開催してますが、その話は出てこなかったなあ。

コースは丘陵でアップダウンと絞込みがよくできている、綺麗なコース。

メンテナンスも良くて、グリーンが締まっていてボール跡がつきにくいくらい。

フェアウェイが狭いわけではないのに、打っていく方向が限られるという感じです。

まあ、打っていく方向に打てないのですが。

4日同様に前半はダボペース。4日と違うのは、ボギーかトリかというところ。

ドライバーが右や左に行って、アプローチはザックリとトップの繰り返し。

これでは、スコアになりません。

パー0、ボギー4、ダボ1、トリ4の54(18パット)

お昼はカレー。

ホテルのカレーという感じの欧風カレーでした。

INはOUTよりも長くなり、池がらみも出てきます。

谷越え、池越えは試されますね。

谷にも池にも入れなかったのに、OBは打つわけですけどね。

10番パー4。Dはフェアウェイ。残り160ヤードを6Iでショート。56度でダフって、カッツンオーバーして寄せきれずにカラーからパターから。さらに1パットのトリ。

11番パー4。Dを右OB。前4から9Iを右に外して、56度を3回打って7オン。2パットで9。

もう終了です。

パー3で7Iでワンオンしてパーを取った後も、

ダボ、トリ、ボギー。

16番はタイガーウッズが2オンした560ヤードのパー5。

力んでDをチョロ。5W、5Wとつないでまだ130ヤード。8Iはバンカー。

一度で出ずに結局9。

名物ホールの17番パー4は、セカンドが池越えになります。Dが左ラフ。5Wで池越えを狙うも頭を叩いてチョロ。もう一度5Wで池越えを狙うと、ちょっと足らずに着水したのが跳ねて、ギリギリ超えました。池の淵から9Iでパンチショットしてオン。2パットダボ。

18番パー5。Dが左ラフ。7Iでレイアップして残り100y。PWで3オン。惜しくも3パットでボギーフィニッシュ。

54−58の112(35パット)

ついに110越え。去年のGWの鳴沢以来のスコアです。

D、3W、5W、UT24度、UT28度、5I、6I、7I、8I、9I、PW、50度、56度、PTの14本で行ってきました。

これが今のベストの組み合わせのようですが、スコアには繋がってません。

今年のラウンド傾向

80台     0

90〜94    2

95〜99    2

100〜104  1

105以上   3

平均ストローク:100.50  ↓(2016年 97.17)

平均パット数 :35.63   ↑(ホールあたり1.99) (2016年 35.93)

パーオン時の平均パット数:2.22 ↓(2016年 2.18)

フェアウェイキープ率:34.82% ↓(2016年 43.54%)

サンドセーブ率:9.09% ↓(2016年 9.33%)

パーオン率 :18.75% ↓(2016年 21.11%)

ボギーオン率:34.72% ↓(2016年 42.59%)

リカバリー率:10.26% ↓(2016年 11.97%)

この3戦で数字がだだ下がり。

ついに年間平均も3桁へ。

だいたいこの時期は良くないのですが、それにしても酷すぎます。

センターシャフトのパターを新規投入したのですが、これはまあまあの調子です。

まっすぐ打ちやすい気がしますが、まだ距離感が合いませんね。

ショットの方は、シューズをスパイクレスにしたのが影響しているのかもしれないとか、疑心暗鬼になっております。

またしばらくラウンドが入ってないので、見直してみます。