読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画「美女と野獣」

8日(月) TOHOシネマズ日劇へ行ってきました。

いやぁ〜恥ずかしながら、本当に久しぶりに映画館へ行きました。

大ヒットだから、当分上映してそうで、こんなに早く観に行くつもりはなかった「美女と野獣

アニメーションが大好きだから、見に行くつもりだったけど、なぜ早く行ったか?

野獣役が、ダン・スティーヴンスだと知ったから

ドラマ「ダウントン・アビー」で、マシューを演じていた俳優さん。

トーリーはアニメーションを見ているから知っていたけれど、

実写版だと、一体どうなるかとワクワクしてましたが、さすがディズニー

大ヒットしてるアニメーションの世界を壊す事なく、気合をいれてつくったのがうかがえた。

ミュージカル映画としても、申し分なく、私は、歌が終わるたびに、拍手をしたかった

遠い昔、劇団四季で見たけれど、実写だから、細部に至るまで、作れるし…

一番ぐっときたのは、ベルがお父さんを助けに村に戻るのを野獣が見送るシーン。

遠くなっていく彼女の姿を見続けるために、塔の高い所へ登っていく。

その時の心情を歌った「Evermore」は、本当に泣けた

ドラマ「ダウントン・アビー」を吹替で見ていたから、

ダンの声が見た目と全然違う事に驚いたけれど、

あの野獣を演じるには、ピッタリの声質だったなぁ。

そして、あの優しい目。

あの綺麗な瞳こそが、野獣でいるときは、すべてを語るから…

本人の顔が見られるのは、ラストの数分しかないのが、とても残念だったけど、

野獣から戻った時のギャップがないとダメだしね

エマ・トンプソンのベルは、評判通りで、ベルにピッタリ

可愛らしく、勇敢で、申し分なし。

そして、脇役を固めるキャストが、豪華〜

ポット夫人役が、エマ・トンプソンだしね

こちらで、楽曲を聴き比べできます。

http://musicalstarza.com/beauty-beast-songs/

あぁ〜語り継がれるべきミュージカル映画だわ

私自身は、スタンディングオベーションをしたいくらい、感激。