小説 「鹿苑」

足利第五代将軍、義教は、今夜、本邸で寝るところだった。室町御所の邸で、彼が床に就き、夜のしじまが周りに立ち込めた暗闇を、なお一層静かにのどまらせてる中、将軍の寝間の廊下で、この日の宿直をしていた寵臣、赤松貞村は、若かった。彼は義教の寵愛を受け、若くして一国の守護代守護大名となっていた。ーーーーーー廊下から降った(くだった)大きな阿字池に、ふとポチャンという音がし、夜の静けさを一瞬破った。義教は気付く筈もない。 ーーー貞村は池の方に目をやった。赤い鯉の、ゆうゆうと今、去りゆく様が、暗がりにかそけく気付く事が出来ない位の小さな音だった。ーーーーーー貞村は、この時わずかに十八歳。義教の寵愛を一身に受け、叔父の赤松家の庶流である彼は、やがて起こる、赤松騒動を、この時どうして知る事ができただろう。知る由もなかった。ーーー中略〜〜〜 〜〜〜〜〜〜貞村は、主君である義教の為なら、有事あらば、身をとして守り抜こうと考える寵臣と周りから見られていた。現に彼は、後に義教の死に際し、暗殺にくみした臣下の幾多りかを、憎んだ。嘉吉の乱(かきつのらん)である。ーーーーーー己れ

を立てて一国の守護職をさずけられた者だったから、当然の忠義心が彼にはあった。ーーーーーーーーー明日は、金閣へ将軍が足を運ぶ。境内に大仰な立花を飾り、その華やかな風情の中、貞村は随臣として、将軍義教の先達を努める手はずとなっている。立花は、池坊の創作だった。義教は、貞村の背なを見ながらゆっくり着いて行くという風情だった。緋もうせんが眩しい、と、義教も貞村も同じ事を思った。花は義教を大いに喜ばせた。池坊某が呼び出され、方丈のような黒書院で、ほうびにさかずきをたまわった。傍らにいた貞村は、その時初めて立花を見た。いくばくの感慨が彼の感性に訴えた。花とは、なんと美しいのか、義教と見るこの花は………。〜〜〜ここから、小難しい歴史の赤松満佑と三宝院満斉の出てくるくだりで、固くなるので中略〜途中、赤松騒動と、乱で、将軍義教は殺された。貞村は戦った。義教の為、恩義の為、しかし、義教を助ける事は出来なかった。将軍義教は殺されてしまった。〜〜〜〜〜〜〜〜〜ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー貞村は、横笛をよくした。その夜、義教が夢枕に立った。「余にまた、龍笛(りゅうてき)の音を聴かせよ\xA1

Fい岨爐砲呂垢襪覆茵廚函▷繊次次次蔀耄❶次次次次次篠臑爾凌瓦詫匹譴討い拭〽膩唎任△覽繕気了爐蓮⌅爐亮叉咾鯢ⓐ海砲靴討い拭◀韻譴苗臑爾蓮△匹海ʔ△里鵑咾蠅塙修┐討い拭2晋里覆里ʔ5繕気ⓛ瓦暴个討④燭ǂ蕕世蹐Δʔ帖帖帖▷次次次次次次次次屡爐蓮∪陲魍ǂい燭衒弔犬燭蝓∧弔犬拭△泙審ǂい神陲硫蝋詎髻△發突靴咾覆❹蕁⊄拜海箸靴討い拭◀里匹笋ǂ壁漚法⊄梢佑砲聾ǂ┐拭◀笋❹鴇殺澆④虜遜蠅忘造辰拭﹅家弔鬚箸匹蹐ǂ擦訥琛里發里發里靴ぁ⊅篭舛④ⓞ⑱爾鬚箸匹蹐ǂ擦禿舛錣辰討④拭▷次次次次次爾気世爐蕕蓮⊋瓩梁紊錣蠅棒陲魴箸─△弔い謀瓩房蠅鬚箸觧槪發覆咩∉ぜ蠅某箸魄僂佑拭▷次次次次次篠匹屬亮蠅和神Ľ任△辰燭❶⊊餽海覆唎佇瓩泙┐茵△箸了惻㉔未蝓⊊臑爾亙畴萁気譟∨觴砲墨△譴胴圓ǂ譴拭I承弔砲蓮⊇派磧∪崗硝鯸い了丗€〻宜唎鮹羶瓦法∋与Α〴盈\xCE(かんれい)の面々がたずさわり、貞村は結局、意外にもちっ居を命じられただけだった。ーーーーーー領国へ帰るさ、彼は、丁寧にも与えられた輿(こし)の中で、ただ、何も考えることなく、相変わらず放心のようにのどやかだった。ーーーただ、いくばくかの思ひ出が、彼の頭の中を

かすめる事もあった。けれど、ひばりの飛び立つ時の声が、それをかき破った。ーーーただ、のんびりと暖かい日和が、彼を平静にさせた。ーーーーーーーーーーーー領内の邸で、ちっ居した彼は、余生を、横笛と生け花をたしなむ、温和な趣味人として、何欠くる事もない、静かな生涯を送った。 了 十二年程前に書いた、歴史小説の抜粋です。

〜〜〜〜〜〜どうぞ、読んでみて下さい。

広告を非表示にする