絶好調だった。

駐車場での突風に煽られて将棋倒しになった際に壊れたカウリングをスクリーンごと形状も風を体からわずかに逸らすようなので昨日交換した。

テスト走行、マフラーもエキパイごと交換でしっかり廃棄漏れも無いように設置したので少しアクセルを強めに開けてみた。

違う、加速がぜんぜん違う、自分の意志とは違う力で後ろに追いやられてしまう。

風圧の加減をテストするつもりだったが覚えていない、凄い加速にそんなことに意識が行かなかったようだ。

子供を亡くした頃にこんな凄い馬力のバイクが生まれていた事に人生のあみだくじが選定されていくのだと感じた。

広告を非表示にする