今日観てきた3本

シネマ歌舞伎 東海道中膝栗毛 やじ&きた』

いやぁ〜〜〜楽しかった

いわゆる俳優祭りのようなくだけた歌舞伎(笑)なうえに、時事ネタも相当に盛り込んで、馴染みのない方でも十分楽しめる。

出演の二人はもとより、中村獅童のキレっキレの演技に大爆笑!

そして、エンディングテーマは富貴晴美さんが担当。

コミカルかつ、溜飲を下げるかのごとく美しい旋律は、富貴さんならでは。絶品!

『LOGAN』

スピンオフというにはあまりにもあんまりだ(いい意味で)!

人体破壊のオンパレードの果てに迎える、大団円には思わず・・・。

そして、某名作があんな使われ方をするとは思わなかった。秀作!

ところで、マグニートーは何処に行ったの?

『花戦さ』

先日の『たたら侍』といい、いわゆる歴史物のサイドストーリー的な作品が続いている。

歴史好きにはたまらないが、それを如何に一般の方の興味をひくことができるか、それぞれに苦心しているみたい。

本作はそこに野村萬斎を持ってきたわけだが、果たしてそれが「秘策あり!」だったか否かは劇場でお確かめを。

広告を非表示にする