3人がジャニーズ事務所退所へ

稲垣君・草?君・香取君の3人が9月8日をもって契約終了。

とうとうこの日が来たわけですね。

中居君が同調しないことは「キスマイブサイク」での新たな何かがありそうなことでみんな気付いていたと思いますし、それはそれでそれぞれの決断ですからいいと思います。

それに、「今年は契約延長」というだけの話ですからね。

みんな40超えたいい大人ですからね。手を繋いで行動しなければいけないわけではないし、それぞれが家族・スタッフ・友人・収入・将来、色んなことを考えて決断すればいいだけのこと。

そこにファンは必要ない。なぜなら、どんな決断であってもファンはそれについていくから。

ついていけない人はもちろんファンを辞めるわけでしょうけど、「SMAP」に縛られて、それ以外を認められないファンならこの際いなくなってけっこうなんじゃないのかな。

何の芸もないジャニーズジュニアだって、退所しても、なんだかんだ芸能活動して食べていける時代です。SNSのおかげで、ネットの発展のおかげで、そういう時代になった。

ジャニーズを辞めることで、テレビに出られなくなったとしても、彼らにはジャニーズジュニアとは比べ物にならない実力と才能がある。

舞台・映画、いくらでもやっていける。テレビだけが全てじゃありません。

そして、「干される」ことを十分にわかってこの決断をしたんだろうから、貫いてほしい。

少しずつ時代も変わって「抹殺」はされなくなったので、食べてはいけると思うのですが・・。

そして、ジャニーさんが異例のコメントを発表しました。

通常、ジャニーさんは新聞記者との囲みでしゃべることはあっても、公式のコメントとして文書を発表することなどありません。

はっきりと自分の署名入りでコメントを発表してくれたことで、「圧力」や今はやりの「忖度」が少しでもなくなってくれればいいと個人的には思います。

スポーツ紙は相変わらず「飯島氏がきっかけで発した騒動」という立場のようですが、ファンからすれば一貫して「メリーが出て行けと言った」ことが発端。

SMAPは踊れない。SMAPを連れて出ていけ」と言われたのは飯島さんですが、それはSMAPに対して言われたと同じ事。「評価していない。事務所には不要だ」と言われたと同じ事。

後から「やっぱり独立は認めない」って言われてもね・・。

今までずっと走り続けてきた人が「あなたはここにいりません」と言われて、そのまま走れるわけないし、信頼関係を取り戻せるとも思えない。

ジャニーさんとの信頼関係はあったとしても、ジャニーさんがいつも現場にいて、マネジメントしてくれるわけでもないわけでね。

実際、今回退社の報告もジュリーさんにしているわけで。

1度壊れたものを、作り直すのは本当に難しいです。

この数か月で、私も自らをもってよくよく実感しました。

彼らの真意は、いまだに語られないので、わからないし、これから先も何も語ってくれないのかもしれないけれど、ファンとしては、3人へは「やっと辞められるんだね。よかったねえ。これから新しく頑張ってね。応援しています。」ということ。

そして、中居君へは「残留は大きな決断だし、誤解を生むこともあるだろうし、これからも大変だと思うけれど、20年以上中居ファンやってる身としては、まだまだこれからの中居正広を観たいと思ってます。これからもよろしくお願いします。」ということ。

そして、木村君へは「悪役お疲れ様でした。これからイメージを変えて、新たな木村拓哉になっていくのは相当大変な道のりだと思います。もうちょっと私にはついていけなさそうなんですが、ちょっと遠くから見守っていきたいと思います。」とこんな感じ。

なんにせよ、SMAPお疲れ様!