熱中症予備軍

認知症や高齢者の良く耳にする話で、エアコン付けた気配の無い密室で熱中症になっていたというのがあります。

桃色の両親共、ウールのセーターを着てます。

サマーウールな訳は無く(笑)真冬のセーターです。

母に至っては、毛布2枚に肌掛けを首まで掛けて寝ています(=_=;)

注意なんて無駄、2階へ片付けると取りに上がるので、階段から落ちて怪我されるのも面倒だと、介護ベッドの脇に置いてますが、そりゃ掛けますわね、手を伸ばせばあるんだから(;^ω^)

脱水症が怖いけど、大腿骨骨折は怖い以上に面倒…

だから、脱水なら防げる可能性が幾らかあるという結論で、置いてあります。

ただ、カンちゃんが心配です。

窓開けても閉める、扇風機回すも止めるという部屋で、桃色が帰宅したら、ベッド下の箱の中で、下半身はみ出た状態で寝てました(笑)

可哀想に…暑いんだよね…(´;ω;`)

幸いヘルパーさんや看護師さんに猫好きな方々が多いので、居合わせた時に何か提案下さるとは思いますが、桃色もご飯食べながら汗ダク(=_=)

身体の為にもデイサービスに行って貰えるよう、話詰めないとな…