本音も現実もシンプル(人)事実を受けとること

わたしもうすぐ出張なのです。

せっかく出張にいくし帰りに千疋屋でケーキ食べようと思って、

一緒に出張にいく彼にLINEしてみた!

打ち合わせ終わったら会社かえるの?

ちゃんは帰っていいよ。

俺と上司は帰れるのかわかんないなあ

ケーキたべてかーえろって誘おうとおもったのになあ

17時半までが仕事だからね。涙

なんかおちこむ。

でもどっか違うんだなあ。事実を受け取ろう。

いろんな角度から見てみた

一緒にケーキを食べられない

都合がつかなかった

かれは、わたしの時間より仕事をとったなどなど

卑屈なものもでてきたんだけど、最後にわかった。

事実は

会話した

直帰できるかわからない

定時は17時半以上!

なにか問題でも?です。笑

前にでてきたエセ事実は断られたと勝手に判断してる。

よく考えたら、〜された形式おかしいですよね。

被害者みたい!

これよくやっていたやつです

1彼から連絡がない事実

2愛されてないんだ判断

3悲しみ感情

愛してないなんてだーれもいってないのに!

自己判断で悲しんでる

で、人間という生き物は天才なので

1から3まで瞬時にやってるのですかね。

なので3感情っていうセンサーをつかって

2判断にきづき、1事実にたどりつくのかなあ、なんて思いました。

現時点の1事実はかえられない。

でも2判断を変えてしまえば

3感情もかわる。

おそらく感情っていうエネルギーが現実を

クリエイションしているので、

1事実も動き出すんじゃないの?なんて

思いました!

そうやって現実は創造されている。

事実

判断

感情

事実

みたいな感覚。

一番大切なのは、判断を見つけて変えること。

これが、

ぞくにいう思い込みを見つけて書き換える

なのかなあと、感じています!

ていうことはですね、

気持ちのよくない判断は、

だいたい間違いなんじゃないですかね。

事実に影響されていると判断していることが

一番の問題の種。

ほんとうは揺るぎなく

愛だし幸だし豊かなんです

広告を非表示にする