躓きは、いつもある!どう乗り越えるか?

人は常に何か、失敗を犯したり、又は、他の人のミスなどからピンチに陥ったり、何度かそんな経験があろうかと思われます。

これは異常事態ではありません。

当たり前にあることです。

自分に原因があろうが、なかろうが?物事が思った通りいかないことは誰もが経験することです。

ここから何を学ぶか?

それがあなたの人生を決めます。

人との接し方を学ぶのか?

失敗する前にチェックする方法を学ぶのか?

如何にリカバリーするかを学ぶのか?

その人の特性により学ぶことは全て違います。

自分にとって、今、何が一番大切なのかを判断し、学び取ります。

一番駄目な行動は人のせいにして、恨みつらみを口に出してしまうことです。

あなたのやることが失敗した。自分が悪いのではなく、人のせいで失敗した。

でも、あなたがチェックを怠らなければ上手くいったかもしれません。人のミスをカバーすることが出来たかもしれないのです。

人のせいにするのではなく、自分に何かが足りなかったと考えるほうが自分のためになることは明らかです。

そう考えた方が、又、次のチャレンジする気持ちを持続させます。

躓き、失敗が人を育てるか?

躓き、失敗が人を駄目にするのかは

実は自分が決めているんだと言うことがご理解いただけたでしょうか?